登録販売者試験の情報・勉強法【知らないと損する5つのポイント】

猫の医者

登録販売者試験の概要と難易度

登録販売者の資格は一般的に100時間程度の勉強で取得できるといわれている比較的カンタンな資格です。

試験日 :自治体により異なるが8~12月に実施

試験会場:各自治体の大学のキャンパス

出題形式:マークシート方式(4択・正誤問題など)

受験料 :13,000~18000円

受験資格:学歴・年齢・性別など一切不要

合格率 :年度や自治体により異なることがありますが、平均すると45%程度

合格基準点:出題数の70%で、章ごとの足切りラインが設定されている。

足切りとは、5つの章のうちいずれかで所定の点数を下回ると、合格基準点を取ることができたとしても不合格となるというものです。

↓ 詳しくはこちらで説明しています ↓

受験資格不要のカンタンな資格【登録販売者試験の概要】

通信講座のメリット・デメリット

ここからは登録販売者試験を受ける上で、勉強方法として、

通信講座を受けるか迷っているあなたのためにメリット・デメリットを紹介します。

デメリット
  • 受講費用がかかる
  • 受講のための手続きが面倒である
  • 教材が届くまで勉強できない

まとめ:お金をあまり使いたくない人、今すぐ勉強を始めたい人は、教材を買って独学で勉強するのがよいでしょう。

メリット
  • 合格までのスケジュールを立ててくれるので勉強しやすい
  • 分からないことがあれば質問できる
  • 独学より合格率が高くなる
  • 費用を払っているのでモチベーションが上がる

まとめ:計画性がない人、薬の知識がなく理解できるか不安な人、確実に合格したい人は、通信講座を受講することをオススメします。

↓ 独学のメリットデメリットを詳しく知りたい方はこちらを読んでください ↓

独学?通信講座?メリット・デメリットを徹底比較【登録販売者試験】

最短ルートで合格を目指す効率勉強法

登録販売者試験を受けるあなたは、主婦であったり学生であったり仕事をしていることでしょう。

そんなあなたが片手間で試験に合格するには最短ルートで合格へたどり着く必要があります。

さて、最短ルートで合格するために最も重要なことは何でしょうか?

それは、徹底的に無駄を省いた勉強をするということです。

無駄を省くというのは試験に出ないことは勉強しないということです。

テキストを隅から隅まで覚えるということは絶対にやめましょう

なぜならテキストには試験にほとんど出ないことも載っているからです。

そこでオススメしたいのが過去問による勉強です。

登録販売者試験では毎年同じような問題が出ています。

よって過去問で勉強するということは、試験に出る可能性の高いところだけを勉強できるということになります。

↓ 効率的な過去問勉強法と過去問の選び方はこちら ↓

知識ゼロから1か月で試験に合格した登録販売者の「超効率勉強法」

登録販売者になるには【費用と手続きまとめ】

登録販売者になるまでにかかる費用としては、受験料や従事登録の手数料などすべて合わせると25000円ほどになるでしょう。

  1. 願書を受け取り必要事項を記入し提出
  2. 試験の2週間前ほどになると受験票が届く
  3. 試験を受けて合格通知書が届くのを待つ
  4. 合格通知書が届いたら販売従事登録をする

販売従事登録が終われば、あなたも登録販売者として働けます。

↓ 試験の申込・従事登録の手続きのやり方はこちら ↓

【登録販売者試験の申込~合格後までの手続き】必要なもの・費用は?

合格・不合格の明暗を分ける試験当日の過ごし方

最後に試験当日にすべき3つのことを紹介します。

  1. 試験開始時間の3時間前までに起床すること
  2. 朝食はどんなことがあっても必ず食べること
  3. すきま時間を使って勉強の最終確認をすること

また、試験当日の1日の流れも知っておきましょう。

いずれも試験当日に本来の実力を発揮するために重要なことです。

↓ この3つのポイントと試験当日の流れはこちら ↓

登録販売者試験の当日【必ず知っておきたい3つのポイント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です