【登録販売者の実務経験とは?】月80時間を2年間の勤務が必要?

猫の医者

店舗管理者とは?

(ポチ太郎)
登録販売者は、二年間の実務経験を積めば店舗管理者になれるんだよね。でも店舗管理者ってなに?
(にゃも)
じゃあ、店舗管理者がどういうものか説明するよ!

店舗管理者は2年間の実務経験を経た登録販売者にしかなることはできません。

店舗管理者とは、いわばその店の責任者です。つまりパートやアルバイトとして働く人が、店舗管理者になることはないでしょう。

ではなぜ登録販売者の試験に合格したら、店舗管理者にならないとしても、二年間の研修期間が必要なのかという疑問がわいてくるのではないでしょうか?

その答えは2年の研修期間を修了すると、単独での勤務が可能になるということです。

単独での勤務
(ドラッグストアなどでは一般の従業員もいるため、ここでの単独の勤務とは登録販売者が一人での営業を指します。)

つまり逆を言えば研修期間中は、ほかの実務経験を経た登録販売者がいなければ医薬品を販売できないということなのです。

店舗側からからすると、単独での勤務ができない研修中の登録販売者を雇うメリットは小さいでしょう。

そのため、研修中の登録販売者には資格手当がつかないことがあります。

登録販売者の実務経験とは?

(ポチ太郎)
ねえ、二年間経験を積めば、そのあとはずっと店舗管理者でいれるの?
(にゃも)
いい質問だね!実は実務経験を満たさない期間があると、店舗管理者ではなくなってしまうことがあるんだよ。これも今から説明するね。

まずここで述べている実務経験とは、店舗管理者の下で医薬品の販売について学ぶこと、つまり薬を売っているお店で働くことを指します。

また医薬品を販売している店舗であれば、レジや品出ししかしていなくても実務経験を証明することは可能になります。

よって、登録販売者が店舗管理者(単独での勤務が可能)になるためには、過去5年のうち2年間で80時間以上、薬を販売している店舗で勤務する必要があるということです。

ちなみにこの実務経験は登録販売者試験に合格する前の期間も含まれます。

さきほど、ポチ太郎が二年間の実務経験を経れば、ずっと店舗管理者でいることができるのか?と言っていましたが、これは過去5年のうち2年間という言葉に注目してもらえばわかると思います。

例えば、2年間の実務経験を修了したとしても、その後3年以上医薬品を販売しない期間があれば、研修中に戻ってしまいます。

しかし資格自体は一度取れば一生ものであるため、一度試験に合格すれば5年以上のブランクがあったとしても、再び登録販売者として研修生として働くことが可能となります。

 

実務経験証明書について

実務経験証明書は基本的に勤務している店舗がタイムカードと所定の用紙を1セットとなるため、給与明細などでは代用することができません

そのため、転職をする際には必ず実務経験証明書をもらっておきましょう

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

何かわからないことや質問があれば下のコメント欄または、トップページの「お問い合わせ」から気軽に質問してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です